2006年05月14日

比較試乗

今日はKTMのLC4エンジンを使ったモデルの試乗をしにいった。KTM625LC4SMC LC4(625cc)エンジンにFCRを装備した元気モデル。同系統のSuperMotoよりもレーシーなモデルだ。
06.05.13 004.jpg
このSMCのエンジンは結構パンチ力がある。FCR装備という事もあってアクセルに対する反応も抜群だ。先日乗ったほぼレーサー系のフサベルほど獰猛な感じではないので街乗りでも扱えるが、不用意にアクセル開けるとフロントが上がるパワー&トルクがある。エンジン出力はすごく魅力的だが、それ以外にもサスがいい。前後ホワイトパワー製の特注サスで細かなギャップも吸収しそれでいてしっかり踏ん張る。
06.05.13 006.jpg

メーターは非常に小さく視認性は悪い。しかしながらこのメーターは多機能系で速度、タコ、トリップ、ラップなど色々な機能が付いているらしい。SuperMotoの方は視認性が良いが機能は少ないらしい。
06.05.13 005.jpg

しかしながらこのマシンの振動は結構すごいものがある。ハンドル、シート、ステップなどなど全身に伝わる細かい振動で『マジで痒い!』。ショップの人によるとなれちゃえばツーリングでも全然気にならないよ!って言うけど、そうとは思えないくらいの振動だよ。試乗だからま〜普通に街で流すようなペースや回転数で走ってる訳じゃないけどね。こりゃちょっと厳しいなぁ・・・。

っと言う事でもう一度ハスクSM610も乗ってみた。
06.05.13 009.jpg

何度見てもこのルックスはイカスねぇ。猛禽類系のフロントマスクは特にお気に入りです。ハンドル切れ角は少なめで、ショップから出る時危うく立ちゴケするとこだった・・・(汗)
06.05.13 010.jpg

メーターKTM SMCより全然視認性はいいですね。でもキーを差し込むところにワイヤー類が取り回されてるんでキーがすごく回しにくい。
06.05.13 012.jpg

アイドリング&軽くアクセルあおった動画です。結構いい音するんですよ。これなら全然マフラー変える気にはならないですね。
06.05.13 014.avi

走った感じはやっぱりKTM SMCよりはマイルドだけど、こちらもFCR装備でアクセルに対するレスポンスはいいですね。パワーは先日試乗したアプリリアペガソ(ペガソ:660cc 610SM:580cc)の方があるんじゃないかな?エンジンの振動は細かな微振動は完全に消されていて不快な振動はない。最近色々モタ車試乗しているなかでは一番マイルドで扱いやすい。シートは硬いので長距離はキツイけど、シート以外は全く問題なさそう。シートを専門店で特注すればツーリングにも使えるか?サスに関しては若干固めで細かなギャップでは跳ねる傾向が見られますね。サス性能はKTMの方がいいと思う。

燃費に関してはKTMの方が若干いいようだ。雑誌記事では高速や街乗り1000kmほどで20km/Lという事で、シングルモデルでは悪いほうですね。特に高速ではギアが低めなんで回転が高く100km巡航では20kmを切るらしい。タンク容量はSMC9.2Lに対しSM610は12Lなんでおそらく航続距離はSM610の方が長いでしょう。信頼性に関してはSM610は出たばかりでデータがあまり無いのでなんとも言えないが、メーカーとしてはハスクよりはKTMの方が信頼性が高いらしい。

サーキット&峠のみで遊ぶならKTM625SMC
サーキット&峠&ツーリングならハスクSM610

って感じでしょうね。いや〜レーシーなモデルを乗ってみてマイルドなモデルの良さを再確認してしまいます。現在次期愛車候補はハスクSM610とアプリリア ペガソストラーダですね〜。BMW F800Sはまだ当分出てこないし、次は何乗ってみようかな?
posted by ZEP at 20:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アプリリア
Excerpt: アプリリアアプリリア(Aprilia)イタリアのオートバイ|バイクメーカー。 アプリリア (会社)を参照。イタリアのコムーネの一つ。アプリーリアを参照。イタリアのDOCワイン。アプリリア (ワイン)を..
Weblog: 外車一覧
Tracked: 2006-05-15 20:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。