2006年06月09日

試乗まとめ

さて、このところ次期愛車選択に向けやたらと試乗しまくりですが、ここで試乗したバイクをまとめときましょうかね。

まずはBMWからいこうかな。まずは試乗したモデルは↓
R1100S、R1150R、R1150Rロックスター、
R1200RT、R1200GS、R1200S、K1200R

全体的にいえるのは、BMWのバイクって押してると重いけど、乗ってみると動きは重くないというより軽い。独特なフロントサスでコーナーリングは非常に安定している。ただ、特に最近のモデルはどーも極低速がギクシャクする気がするんだなぁ。特に渋滞のストップ&ゴーの繰り返しは苦手ですね。そのなかで一番フィーリングが合ったのがR1150Rでした。ほんとはR1200STに期待してたんですが、どーもしっくり来なかったですね。R1150Rのポジションやエンジン特性が一番あっていましたね。
R1150R.jpg
さてさて、次はドゥカティですね〜。試乗したのは↓
ムルティストラーダ1000、モンスター1000、
999、749、S2R800、S2R1000

水冷はすごすぎるんで、とても公道で遊ぶ気にはなれませんでした。ムルチは楽チンポジションにしてはエンジンがハイパワーすぎますよ。個人的にドカの中で一番期待してたのがS2R800だったんだけど、サスやブレーキの作りがどーもしっくり来ないって言うか、やわすぎる感じでしたね。でもS2R1000が非常に良かったんですよ。ほんと今のドカの1000ccエンジンは素晴らしいですね。でも140万は高いなぁ。
S2R 1000.jpg

そしてトライアンフ、空冷ツインのボンネビルT−100、スラクストン900に乗ってみた。この2台は同じエンジンを積んでいて、装備やポジションの違いなんだけど結構乗り味は違う感じ。クイックな特性のスラクストンに対して、のんびりリラックスな感じのボンネ。個人的にはスラクストンがいい感じでした。ただ前傾姿勢がちょっときつすぎるんですよね。特にワタシは手が異様に短いんで、普通の人に比べ前傾がキツクなっちゃうんですよ。でもトラのツインはトルク感やパワー感はすごくいいですよ。気になる人は是非試乗してみてくださいな。
スラクストン900.jpg

まだ続きます。昨年のプレストの試乗会でYAMAHA車乗りまくってきました。
MT−01、XT660X、TDM900、YZF−R1
話題のMT−01に乗りたかったんですよね。1700ccツインのスポーツバイクってどうなの?240kgの車体でスポーツできるのか?って883も240kgくらいあるんですけどね。

実際すごく楽しかったんですよ。トルクの塊の加速感に加え、コーナーリングも楽しめるバイクでした。しかしやはり車重の重さは隠せませんね、峠を軽く流す程度のスポーツにはピッタリです。あまりペースを上げすぎるとヤバいでしょうね。XT660Xはモタードスタイルとしては乾燥173kgは重過ぎましたね。TDMは速いけどなにか魅かれる特性がないんですよ。R1はまともに扱えませんでした・・・(涙)
MT-01.jpg

最近になって軽量モデルが気になりだして、目に付いたのがアプリリアのペガソストラーダ。エンジンはヤマハのXT660Xと同じだけど車重は158kgとかなり軽量だ。エンジン特性は期待してなかったけど、インジェクションのセッティングが違うらしくXT660Xよりすげ〜パワフルでした。非常に楽しいバイクなのですが、ポジションが完全ツーリングポジションなんでスポーツ走行には向きませんね。でもこのエンジンの奥深さを感じました。これからもこのエンジン搭載のモデルがいくつも登場するみたいなんで期待できますね。
.jpg

最近になって乗り換えにはどうやって遊んで行くか考えるようになった。峠道で気合を入れすぎると危険、本気で遊ぶにゃサーキットなんだと思うようになりましたね。ただ本格的サーキットで遊ぶにゃ金がかかりすぎる。そこでミニサーキットでモタードで遊ぶっていう選択肢が出てきたんですよ。

注目したのはハスクバーナのSM610、これは今までのハスクとは違いツーリングでも使用できる耐久性を用いている。キャブにFCRも装備している割には非常に扱いやすく、トルク感もいい感じ。おまけに振動もとてもマイルド。それになんともデザインがいい!
SM610-3.jpg

KTM 400EXC−R、625SMC、640アドベンチャー、DUKEUを試乗してみた。特にLC4と呼ばれる625ccがとてつもない振動だけど味わいがあるんですよ。試乗した感じではDUKEUが一番フィーリングが良かったです。SMCはすごい性能なんですが、FCRはちょっとピーキーすぎるのと、燃費が悪すぎるんで負圧キャブの方が自分には合ってる気がします。

峠・ツーリングそしてサーキット遊びっていうコンセプトがはっきりしてきましたね。
640-DUKE2-BLACK.jpg

フサベルFs450eはちょっとレーシング過ぎるんで論外でした。

ま〜それにしてもよくもま〜こんなに乗ったなぁ。バイクそれぞれに得意分野・不得意分野があって、自分がどうやって使って行きたいかで選択は全然違ってくるんだという事がわかりましたよ。全てに万能なバイクは必要ないんだ、自分の使用用途に合った性能が特に良く出来ているバイクを買えばいいんですよ。それが俺にとっては峠5・ツーリング3・サーキット2ってな感じの割合だと判断しました。

もともと秋の合宿後〜冬にかけて883から乗り換えるつもりでした。しかし本気で車種選びしているうちに止まらなくなってしまったんですよ。そして今回車種選びを終了し、乗り換えを決めました!ま〜どれにしたかはあと2〜3週間お待ちください。
posted by ZEP at 22:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | その他バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ!ついに決めちゃいましたか!
2〜3週間後がとても楽しみですよ。
梅雨明け辺りに一発ツーリングでも慣らしがてらにいきましょうか!?
Posted by キム兄 at 2006年06月10日 02:31
梅雨明けまでにはなんとかしたいとこですね。慣らしはどこに行きますかね〜。
Posted by ZEP at 2006年06月10日 23:19
決まったんですね(笑

今更ですけど、DR−ZSMあたりはどういぢくっても外車勢には太刀打ち出来ない感じなんですかねぇ・・・
どーなんでしょ?(笑
Posted by えびづか at 2006年06月11日 20:49
やはりオールマティーに使える性能を持たせる&耐久性&コストを考えなくてはならにため、エンジン出力と車重が洋モタにはかないません。レースで勝つための戦闘力を持たせるよう改造する事を考えると洋モタが買えてしまうんですよ。

ただ、最新の洋モタは過激すぎるんでレースにはいいけど一般ユースを考えたらDRZの方が全然使えるみたいです。レースから一歩引いたツーリングモタードっていうジャンルではDRZはかなり良いですよ。

ただ、ノーマルでは400ccゆえのトルク感の薄さがネックですね。FCR&マフラーでかなり味わいが変わるという事ですが結構な資金になっちゃいますよね。

DRZくらいで買える洋モタなんかもあるんですけどね・・・ふふふ。
Posted by ZEP at 2006年06月11日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19053966
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。