2012年08月17日

お盆休み南アルプス

お盆休みは会社の後輩と北アルプスの常念岳・蝶ヶ岳を1泊2日テント泊する予定であったが、ずーっと天気がすぐれなくて延期になっていた。お盆休みも後半になり北アルプスにこだわるのをやめてもう少し天気の良さそうな南アルプスにルートを変更した。昨年甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳・間ノ岳という3000m級の南アルプスを経験していたので、今回はその山々を見るルートとして鳳凰三山(薬師岳・観音岳・地蔵岳)がいいんじゃないかなと。

前日夜にマイカーの終着点夜叉神峠まで走り車の中で前泊。翌朝5時には北岳や甲斐駒、仙丈ケ岳へ向かう人たちのバスやタクシーが集まってくるので賑やかになる。その賑やかさで起床し、のんびり支度をして6時頃に出発!
AIMG_3523.jpgこのルートは直前のPEAKSにも紹介されているメジャーなルート。まずは標準タイム1:00の夜叉神峠小屋まで50分ほどで向かうが、いきなりの急登の連続に早くもかなりの疲労度・・・。シャツの濡れ具合が死闘を物語ってますw
AIMG_3533.jpg

この先もずっと上り坂をじっくり登って行きます。曇り時々晴れ的な天気で直射日光はほとんどないけど無茶苦茶暑い・・・。樹林帯は風も抜けにくいし、このところの雨模様で湿度はMAXで汗だらだら。しかし標高が上がるにつれてちょっとしたそよ風でも涼しくなってきた。2000m越えくらから樹林帯のコケが非常に美しくなってくる。
AIMG_3564.jpg

標準タイム5:30の南御室小屋までなんだかんだ4:20で着いてしまった。頑張りすぎたか?この時点で10:30、早めのお昼ご飯を食べながら今日どこまで行くかを後輩と相談。
AIMG_3568.jpg

本当はあと3時間半ほど登った鳳凰小屋まで行くつもりだったが、昼食中にかなり雨が降ってきたのでまだまだ午前中だけど今日はここで泊ることに決めた。降ったり止んだりの天気の中、止んだ時を見計らってテントを設営。ここは地面が砂系の土なんで下は平だしペグも入れやすいので設営は楽だった。
AIMG_3572.jpg

ここの小屋の利点はなんといっても南アルプスの天然水ですよ。キンキンに冷えたこの水が本当に旨い!がぶ飲みすると頭がキーンとするほど冷たくて旨い。
AIMG_3577.jpg

はじめて見ました、コレがトリカブトらしいっす。奇妙な花の形ですねー。AIMG_3574.jpg

昼前に着いてしまったもんだから、まずはビール飲んで昼寝、夕方にもそもそ起きてきて夕飯食いながらまたビール。いやービールが旨いっす。標高も2440mあるんで結構酔いは回ります。気持ちよくなって19:00頃にはもう寝ちゃうのでありますw
AIMG_3581.jpg

夜は結構冷え込んで外に出るにはダウンを羽織った方が良い気温でした。寒い中で暖かい寝袋は極楽極楽で明け方まで爆睡。起きると昨日とは全然違う清々しい青空じゃないっすか!
AIMG_3585.jpg

朝飯食って、結露でびしょびしょのテントを仕舞って、さあ出発ですよ。
AIMG_3590.jpg

まずは薬師岳へ向かいますが、この小屋裏からいきなりの急登が朝一の体にはしんどいっす。歩き始めて5分でゼーゼー言っちゃってますw 南アルプスは北に比べて森林限界が高いので中々樹林帯を抜けない。やっとの事で樹林帯を抜けるといきなりの絶景っす。北岳・間ノ岳・農鳥岳が連なって素晴らしい稜線ですよ。
AIMG_3606.jpg

森林限界を過ぎたんでどこも素晴らしい見晴らしです。日差しは強いけど風が爽やかで本当に気持ちよい。
AIMG_3610.jpg

目指す薬師岳が見えてきました。
AIMG_3624.jpg

薬師岳小屋です。小屋泊の人は1日目にここまで着ちゃうのが良いでしょうね、翌日の行程が楽になります。ただ、残念ながらここにはテン場が無いんですよね〜。そうそう、ずっと水場も無いんで南御室小屋でしっかり水の補給をしておく必要があります。
AIMG_3628.jpg

薬師岳小屋から薬師岳は10分程とかなり近いです。
AIMG_3638.jpg

しかし、この山頂からちょろっと甲府方面に移動すると最高の眺望に出会えます。ここにきたら絶対にそっちまで3分ほど寄り道して欲しい。
AIMG_3655.jpg

ここからの景色をぐるっと動画撮影


薬師岳から観音岳までは気持ちの良い稜線歩きを30分ほどで結構すぐに着く感じ。
AIMG_3657.jpg

観音岳山頂
AIMG_3663.jpg

先日登った八ヶ岳が良く見えます。平地にドカンとデカイ山が飛び出ている。この地形のせいで八ヶ岳の天気予報は非常に困難なんだそうです。
AIMG_3675.jpg

鳳凰三山の最後の1つ地蔵岳が見えてきました。先っちょの尖がったオベリスクが特徴的ですね。
AIMG_3683.jpg

オベリスクを見上げて見る。うーんカッコイイ!
AIMG_3689.jpg

実はできればこのオベリスクをノ登ってみたいと思っていた。でもあんまり情報を集められなくて俺みたいに岩登りの素人が登れる場所なのか良く分からなかったんで、とりあえず直下まで登ってみた(この直下自体もかなり岩登りしないと辿り着けない)。
AIMG_3691.jpg

下まで来ると迫力が増すんですよね〜。どうやら割れ目付近にロープがあり、そこから登れるらしい。
AIMG_3690.jpg

最後の岩の直下まで辿り着くと、岩の割れ目に数々のロープが垂れている。しかし、どれも古い。上までは垂直に5〜6mロープを登る必要がある。足場はほんの小さな凸凹のみ。腕力にはそこそこ自信があるんでとりあえず登ってみることに。垂直登りはロープを全部丸ごと掴んで足は軽く岩に当てる程度で腕力で登っていく。割れ目の一番上まで順調に登ってきたが、実は一番の難所はロープを登り切った所から岩の上まで上がることだった。手すりは無い、山頂のロープの束の中から輪になっているものを選んで左手に巻きつけ、それを体に引きつけて右腕で更に奥を掴み体を引っ張りあげる。ある程度上がれば足が上げられる。そんなこんなでなんとかオベリスク登頂成功!
AIMG_3699.jpg

後輩も追っかけ登って来た。いやーここ怖い。
AIMG_3701.jpg

甲斐駒ケ岳も最高に美しく見えるよ。
AIMG_3693.jpg

オベリスクの上からの動画ですが、怖くっていつもより回転が速過ぎw


でも一番怖いのは降りる時。やはり山頂からちゃんと下りロープにぶら下がるまでが最大の勝負。慎重にゆっくりロープを探りながら降りていく。なんとか自分も後輩も無事下山終了!もう多分二度と登ることは無いな、だって怖いもんw

緊張から開放されて地蔵岳で地蔵のポーズ
AIMG_3706.jpg

まだ緊張から開放された影響でハイテンション継続中w
AIMG_3712.jpg

分岐の赤抜沢の頭まで戻り、ハイテンションな気分を落ち着けながらゆっくり昼食タイム。ここからは1つ高嶺というピークを越えてあとは下山するだけ。十分休養を取ってここを出発!一応最後にもう一度背後にオベリスク、奥に八ヶ岳で記念撮影!
AIMG_3719.jpg

今日歩いてきた行程を振り返る。なんといっても天気が最高だった!そのおかげでこの絶景を十分に堪能できた。鳳凰三山は自分が想像していたよりも全然いいルートだった。ただ、やはり1日目を南御室小屋泊にすると2日目がかなりキツイ。同じテン場に止まった人みんなキツかったみたいw
AIMG_3729.jpg

目的地としては地蔵岳が最後だったんで油断してたんだけど、この後の行程でもまだ結構登りがあるんだよねー。特に一旦下ってからの高嶺への登りはホントにキツかった・・・。なんとか最後のピークを越えたぞ!
AIMG_3736.jpg

さっきまで見えていた甲斐駒ケ岳はすっかり雲の中、このあと一度も姿を見せてはくれなかった。
AIMG_3738.jpg

ここからはずっと下りなんだけど、まず白鳳峠までがかなり急な下り坂で重いザックでは非常にしんどい行程だ。その先は谷へ降りていく方なんだけど、暫くずっどガレ道で炎天下に遮る物が何も無い。目の前に北岳を見ながら20〜30分程灼熱のガレ場地帯を進まなくてはならない。
AIMG_3745.jpg

白鳳峠からの下りはあまり整備されている道ではない。基本的に結構荒れているし、どうやら近年の嵐の時にかなり激しくルートが崩壊したらしく、新たに作られた道になっているがあまり歩きやすい道では無く、かなり慎重に進まなくてならない道になっている。しかも下山時にはかなり疲労が蓄積しているし、疲れと暑さで集中力も途切れ気味なんでなおさら気をつけなくては。
AIMG_3755.jpg

道路まで降りてくればあとは広河原バス停まで10分ほど歩くだけ。いやー今日も良く歩いた。お盆休みはずっと天候不順でじっとしていたけど、最後に素晴らしい山行が出来た。キツかったけど楽しかった〜。さて、次はドコかな。
AIMG_3759.jpg
posted by ZEP at 16:14| 神奈川 ☀| Comment(4) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。相変わらず気合いで登ってますねぇ。(笑)行くとこ全部岩場ばかりじゃないですか…
今回のファミリー登山に向けて20Mのザイルを買ったんでハーネス買っといてください(笑) 俺も燕から帰ったその日に次の山に行きたくて仕方ないです。
次は、よろしくです!
Posted by ソラチチ at 2012年08月17日 21:08
かなり一般的なコースなんですが、テン泊装備で南御室小屋泊となると2日目がかなりキツいっす。地蔵岳からがキツかったあ。今回水場が南御室小屋後が無かったんで水をどの程度確保するかが結構悩みましたね。終盤は山小屋も無いし。テン泊3回目ですが、毎回なんかしら発見というか気がつく事があって面白いです。またどっか計画しましょう!
Posted by ZEP at 2012年08月17日 23:38
岩場もあっさりクリアなんて、凄いな〜!
昼酒は是非ともご一緒したかった!
うちのほかうからも、もう少しアプローチしやすければね〜。

そらちちさんはロープも買ったのですね。
ちびっ子連れだと安心ですね!
まぁ、身軽なちびっ子よりも、身重な大人の方が危険かもですけど。
(^。^;)
Posted by さとう at 2012年08月21日 20:06
いやいや全然あっさりじゃないですよ、すんごく苦労しましたぜ。あれは普通の岩登りじゃなくて、ロープ登りですねw

一度南アルプスor八ヶ岳まで遠征に来ませんか?

山小屋で飲むビールは値段に比例して旨いっすよ。南御室小山は600円/350mmlでした。
Posted by ZEP at 2012年08月21日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。