2007年07月29日

来週のための準備

来週はレアルフェスティバルだ。伊那サーキットでモタード&オフロードのイベントでフリー走行&レースがある。今回からCRF230Fに替わりNEWマシンの投入です!2005年モデルのKTM250EXC-Rでございます。本格的なエンデューロマシンを手に入れたんでございます。しかーもモタードホイール付きなんでこの1台でモタ&オフの両方を楽しめちゃうって訳ですよ。まさしくワタシが望んでいたマシンでございますよ。紹介してくれたアブ@ふくざわさん、オーナーのO田さんありがとうございました。こいつでガンガン遊んじゃいます!
CIMG3548.JPGCIMG3547.JPG今ナンバー付いてないですが、もちろんナンバー有りで公道走行可能ですよ。CRF230Fと並べてみるとこんな感じ。やっぱ一回り大きいですね。シート高は870mm⇒925mmでかなり高くなりますが、640SMが910mmなんですが、車体がスリムなんで640SMよりも足付きはいい感じですね。この前ハスクTE250を跨ってきましたがこちらはかなり腰高で足付きはかなり厳しかったですよ。
CIMG3550.JPGCIMG3554.JPG

先週はまず持ってきただけなんで、本格的な準備です。この車両でモタ&オフ両方楽しむんで、整備&セッティングをしなくちゃ!ちょっとセッティングがあっていない状態なんで、まずは最近やっていないらしいんでタペット調整から開始します。EXC-Rはオイル交換毎にタペット調整が必要らしく、ここがくるいやすいみたいなんですよ。タペットやってからキャブのセッティングに入る予定です。

まずはタンク、シートを外します。ホントはラジエーターも外した方がいいらしいんですが、外さなくても出来るっていう情報があったんで外さずに進めます。まずはオイルを抜きます。EXC-Rはドレンが3箇所+オイルフィルターが2箇所あるんで結構大変なんですけどね〜。オイルを抜いた後はイグニッションカバーを外して圧縮上死点を出します。そこでエンジン前面にあるボルトでフライホイールを固定します。
CIMG3559.JPGCIMG3560.JPG

オイル抜いて圧縮上死点出して、タペットカバーを外します。ここまでは特に問題なかったんですがここからが大変でしたよ。隙間が狭いんでなかなかシックスネスゲージが入らないし、差し込みにくいんですよねぇ。しかも固定しようとして締めるとずれる・・・。そんな調整を繰り返してなんとか吸気側終了!でもね、ホントにきつかったのは排気側でした・・・。ラジエーターがあるから全然手が入んないよ。それでもラジエーター外さずに無理やりやってなんとか作業完了!しかーし手はラジエーターのフィンで手が傷だらけっす。
CIMG3563.JPGCIMG3564.JPG

さーて、タペット調整が終わったら最後はオイルフィルターを交換してオイルを入れて終了ですよ。しかーしオイルフィルターの交換の際には車両を横倒しにするんですよね、初めてです。標準はモトレックスの15W−50ですが、もちろん今回からAMSOIL 20W-50で行きます。
CIMG3566.JPGCIMG3567.JPG

土曜日はものすげー暑くって直射日光のもと青空ガレージで頑張ります。2Lのペットが空になってもおしっこでないほど汗かくんですよ。タペット&オイル注入してエンジンをかけてみましょう。ボボボボ・・・。ドゥルンってかかりました。ん〜安定はしてないけどなんとか大丈夫そうだ。あれ?エンジンからなんか垂れてくる・・・。あー冷却水っぽい。自分じゃどーしーよーも無いんで諦めてアブ@ふくざわさんへ相談させてもらって明日車両持込となりました。どーやらウォーターポンプのメカニカルシールがダメみたい・・・。意外とここはEXC-Rでダメになるところらしい。
CIMG3569.JPGCIMG3568.JPG

日曜日は選挙なんで選挙行って近所でお買い物してからアブへ向かいます。でも一人でEXC-Rをエログラに載せるのは一苦労。なんせ車高が高いんで結構サスを縮めるんだけど、一人だとうまく縮められない・・・。帰りにラチェット式のタイダウンを買って来よう。

なんとかショップに到着!早速ふくざわ監督の元作業を開始します。まずは冷却水抜き、ウォーターポンプのカバーを外します。水抜きはボルト1本外せばガバーっと抜けます。初めて見るけどポンプってこうなってるんだ。このフィンで水を送っているんだね〜。いやー勉強になります。
CIMG3570.JPGCIMG3571.JPG

このフィンの裏にシールがあるらしく、これを外さなきゃいけないんだけどコレがなかなか外れないんだなぁ。フィンの部分を頑張って引っ張ってると、『バリッ!』???あれ?モゲました・・・。あーあーやっちゃった〜。力をかけすぎて分をもぎ取ってしまった。どーしよー・・・もちろんこんなものをもぎ取る馬鹿はいないんで部品在庫はありません。なんとか裏側から押し出すように外しましたがショックでかすぎ!何やってんだよ俺・・・・。
CIMG3572.JPGCIMG3573.JPG

外したらOリングがずれてたんでココが水漏れの原因ですね〜。しかしどーもコレはおかしいらしい。シールの部品が本来の250EXC-Rのシールではないらしい。ここは初めて外したみたいだから最初から間違えて組まれていた可能性があるらしい。本来のシールを用意してもらい組み込み!見た目も全然ちがいますね。
CIMG3577.JPGCIMG3579.JPG

もぎ取ってしまったフィンはしょうがないんでそのまま組み込みました。来週には部品は入荷するらしいんですぐに交換しますよ。あーあー相変わらず雑な作業だぜ、反省。さて、なんとかシール交換も終わり、小雨がパラつきますがセッティングに入ります。まずは現在のジェット類の番手を確認するよう監督からの指示でキャブを外そうとしてしまったのですが、『違ーーーう!』との指摘。何?どうすんの?

前後のクランプを緩めてキャブを捻るとあら不思議!真横を向きました。この状態でメイン、スロー、ニードルが楽勝で交換できます。すげーこういう事だったんだ!ちょっと感動。これならセッティングも結構やりやすいなぁ。セッティング前はMJ160、SJ42、PS3回転、ニードルOBDVR3段目(このニードルは400EXC-R用)でした。しかし低速の不調の原因はニードル上部の押さえスプリングの欠落でした。押さえが無くて振動でニードルが上下してしまっていたと思われます。このスプリングも在庫は無いんで注文してもらって、とりあえずボールペンのスプリングをカットして代用しました。(こんな対応もあるんすね、勉強になります)
CIMG3581.JPGCIMG3583.JPG

MJあたりのセッティングはここでは出来ないんでとりあえず現地で走って調子見て考えよう。下が薄い感じがするらしくSJを45に変更しPSを3.5+1/4でとりあえず様子を見ることにします。アイドリングも吹けも全然変わりました。マジでいいっす!(まだ乗ってないですけどね)アイドリングから急開するとボゴつきますが、これはしょうがないかな?コレ以上は実際走ってみてから考えて見ましょう!非常に暑い中、監督及び重要作業をしてくださったアブ@ふくざわさんどーもありがとうございます。素人丸出しですが今後も勉強しますんでよろしくお願いいたします。昼食に連れてってもらった御蕎麦屋さん、マジですげ〜っす。夜になっても腹減りませんでしたよ・・・。
CIMG3584.JPG
posted by ZEP at 22:03| ☁| Comment(9) | TrackBack(1) | KTM250EXC-R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヌーマシンおめでとうございます。
これからの活躍楽しみにしています。

年内中にこっちに遊びに来てください。
秋から毎週、KTMな方々のオフ会があると
思うので楽しめると思いますよ。
Posted by まー at 2007年07月30日 06:28
まーさんのヌーマシにめ期待してますよー。

今年中に遠征行きますんで楽しいコース設定お願いします!
Posted by ZEP at 2007年07月30日 20:58
おお、250購入されましたか。
私は手放してしまいましたが良いバイクでした。

ウォーターポンプのシールは弱点ですね。
自分は所有してる間に2回やられました(^^;

個人的オススメはボイセンのクイックショットです。
もし装着されて無いなら検討されるのも良いかも。

とにかくEXC-Rは軽いのが最高でした。
これからが楽しみですね。
Posted by magoo at 2007年07月30日 22:02
magooさん
手放してしまったですか!

実はまだ乗ってません。早いとこ乗りたいんですけどね〜。押して歩いても結構軽さは感じられます。

ボイセンのクイックショットですね。最近2が出たみたいですね。予算とそーだんして導入しましょう!

マジで楽しみっす。
Posted by ZEP at 2007年07月31日 00:07
こうやって見てると、蕎麦だけじゃ、
安すぎたかな・・・・(ボソッ
Posted by あぶ@ふくざわ at 2007年07月31日 12:08
では次は天ざるにしましょう!

ホントにお世話になりっぱなしですんませんm(__)m
Posted by ZEP at 2007年07月31日 18:21
ありゃりゃ・・・
CRFと二刀流?
Posted by かえる at 2007年08月04日 05:41
はじめましてm(__)m
05の525に最近乗り始めたものです。
ウォーターポンプのシール交換のやり方を
調べていて、検索エンジン経由でたどり着きました。

記事中には「裏側から押し出すように外した」とありますが、
フィンの外し方は結局どうするのが正解なのでしょうか?
ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
Posted by ナック at 2007年10月09日 16:10
ナックさん
はじめまして。この部品は基本的に取り外しをするようにはできていないので少々無理をして取り外さなくてはならないようです。このもぎ取ったフィンを掴んで少しずつ引っ張ると教わりましたが、なかなか取れないんで力を入れすぎてもぎ取りました(w

その後フィン交換のためにもう一度外しましたが、その際にもやはり裏側から押すようにした方が取り易かったです。私はスプリング装着用のフック(先端がちょっとだけ曲がっている奴)を裏に回して少しずつ押し出しました。

実はまたちょっと漏れてきてるんですよね〜。1滴/1分くらいで・・・。もう一度やんなきゃダメかもです。
Posted by ZEP at 2007年10月09日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49672017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

'03 KTM250EXC-R
Excerpt: 私が所有している KTM250EXC-R のモタード仕様です。 2003年の春、ショップにてモタード仕様にされたコンプリート車両を購入しました。 元々はパワーパーツの17インチホイール、F..
Weblog: ロバの耳井戸
Tracked: 2007-07-30 22:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。